アラサー婚活に必死すぎるのはNG?【メリット・デメリット・対策方法】

PCを使う女性
LINEで送る
Pocket

アラサーが婚活に必死なのは悪いことではない

アラサーになって婚活に必死になるのは良くないと思われがちですが、決して悪いことばかりではありません。

ポイントさえわきまえておけば、婚活を必死になって頑張ることで良い効果が得られます。

アラサーが婚活に必死になることのメリット・デメリットや、婚活成功のポイントをご紹介します。

もし、アラサー婚活が根本的にうまくいかないと感じている方はこちらの記事をご覧ください!

アラサー婚活がうまくいかない理由や対策方法【男女別で詳しく解説】

2019.04.05

婚活に必死なアラサーはたくさんいる

最近は結婚年齢が上がっていますが、30歳はやっぱり結婚適齢期の分かれ目です。

30歳の誕生日が近づくにつれて周りから「結婚は、まだ?」とせっつかれ、「でも必死になるのはみっともない」と引け目を感じて、アラサーの心は揺れてしまうもの。

そんな婚活に悩めるあなたのために、実際に必死に婚活に取り組んでいるアラサーたちの声をご紹介しましょう。

「早く結婚して安心したい」や「35歳までには子供が欲しい」など、アラサーが婚活に必死になる理由はさまざま。

婚活の仕方も人それぞれで違いますが、目指すのは幸せなゴールインです。

婚活に必死になって取り組むアラサーはたくさんいますので、あなたも前向きに婚活に取り組んでみてください。

アラサーが婚活に必死になるメリット

結婚式 顔なし

アラサーになっても良い出会いに恵まれない場合は、結婚相談所や婚活サイトを利用したほうが成功率が上がります。

「わざわざお金をかけてまで、必死に婚活をする必要ってあるの?」と思うかもしれませんが、アラサーだからこそ、必死になって婚活に取り組む価値があります。

アラサーが必死に婚活に取り組むメリットを2つご紹介しましょう。

①若さが婚活での市場価値を上げてくれる

自分では「もう30歳だから…」と思いがちですが、晩婚化が進む現代では、30代どころか40代でも必死に婚活に取り組んでいる人は多いものです。

そういった人から見れば、アラサーはまだまだ若いほう。

30代直前という若さが逆に魅力となり、婚活市場では引く手あまたなので、それだけ良い出会いのチャンスに恵まれます。

②結婚後の自然妊娠が期待できる

男女とも出産年齢が年々あがっていますが、35歳を過ぎると妊娠する確率が低下して、不妊治療に踏み切るカップルが増えます。

アラサーのうちに必死に婚活に取り組んでおけば、30歳過ぎて無理なく妊娠できる確率はアップ。

育児期間を体力・気力とも十分なうちに乗り切れるので、家族との時間を思いっきり満喫できます。

アラサーが婚活で必死になるデメリット

逆にアラサーが必死に婚活に取り組むことで、出会いやゴールインを遠ざけてしまうリスクもあります。

アラサーが婚活に必死に取り組んだときにありがちな、デメリットも理解しておきましょう。

①恋愛経験が少ないと相手を見誤る可能性がある

婚活に必死になりすぎてしまって怖いのは、「とにかく結婚ができればいい」と突っ走ってしまうこと。

結果重視で相手との相性も確認しないのでは、良い結婚には結び付きません。

特に恋愛経験が少ないアラフォーの場合は異性とのコミュニケーションが取りにくく、焦りから相手を見誤ってしまいがちです。

②ヤリモク男性の被害に遭いやすい

アラフォー女子の場合は、身体目当てで近づいてくる、いわゆる「ヤリモク男性」にも注意が必要。

結婚に焦りを感じている女性ほど狙われやすいため、結婚へのチェックメイトとばかりに仲を進展させるのは早計です。

まじめに婚活しているふりをしていても、目的だけ達成させたら冷たい態度に豹変する男性もいることを重々承知しておきましょう。

③同性友達に疎ましく思われる可能性がある

同じくアラフォーにして良い出会いに恵まれない友達がいる場合は、自分だけが婚活に必死になっていると友情を失うかもしれません。

結婚相手だけでなく、友人知人は人生を盛り立てる貴重な仲間です。

婚活に必死になるあまりに周りへの配慮を忘れていたり、仲間を押しのけてまで無理な婚活を続けていると、幸せが遠のきます。

④結婚詐欺にあう可能性がある

アラサーということは社会生活が長く立場もあって、一般的にはそこそこの収入や貯蓄があるものとみなされます。

婚活に必死に取り組んでいると騙して、お金を巻き上げようと狙っている悪人もいるかもしれません。

普段であれば警戒して冷静な判断ができるアラフォーでも、結婚に焦りを感じて必死になると目が曇り、相手の言うままに結婚詐欺に引っかかってしまうリスクがあります。

⑤異性に自信が無いと判断される可能性がある

婚活に必死になって前に出過ぎていたり、アピール過多になっていたりすると、「何かあるのかな?」と異性は引いてしまうものです。

異性とのコミュニケーションに自信がないというマイナス判断をされてしまうと、それ以上の進展は望めません。

必死過ぎるその態度が、逆に良縁を遠ざけてしまうのです。

婚活に必死なアラサーが気をつける事(対策方法)

アラサーが婚活で気をつけるべき注意点を、5つご紹介していきましょう。

アラサーの場合はある程度婚活に必死に取り組んだほうが良いのですが、焦りやプレッシャーで必死になりすぎるのはNG。

必死さを感じさせない、スマートで大人な婚活が成功のポイントです。

①詳細な個人情報はお付き合いを始めるまで相手に開示しない

結婚に踏み切る場合はその相手と人生を共にする覚悟が必要ですが、婚活の段階ではそれなりのリスクが伴います。

相手を結婚に踏み切らせるために、自分の住所などの個人情報を教えるのは控えましょう。

財産の詳細情報は、無駄なトラブルを招く可能性があります。

②自宅やホテルに交際前は行かない

アラフォーの必死さにつけこんで、結婚に結びつかない軽いお付き合いを希望する相手は、やたらと親密になりたがります。

デートのときは行き先を必ず確認し、自宅やホテルなどの危険な場所への誘いは避けましょう。

口説き上手で魅力的な相手ほど、自制と注意が必要です。

③異性にはフラットに向き合うよう心掛ける

アラフォーが必死に婚活に取り組むと、自分を相手に良く見せようと頑張ったり、条件だけで相手を評価したりしがちですが、これは出会いを狭めるもと。

婚活の最終目的は良い伴侶を得ることですから、多くの人と幅広く相性をマッチングする必要があります。

結婚することだけを考えず、まずは異性との出会いを楽しみましょう。

④焦りすぎずに着実に婚活を進める

中には「出会った翌日に結婚をした」というカップルもいますが、これはごくまれな成功例です。

「30歳になるまでに」と、焦りを感じる必要はありません。

結婚は一生のことですし、お互いの家族や知人の関わり合いもありますから、お互い考えて納得しながら、ゆっくりと婚活を進めていきましょう。

⑤友達との親密度を考えた上で、婚活の話をする

結婚を焦っていると仲間が欲しくて、友達を無理に婚活に誘ってしまいがちです。

良い結果が出るとついついのろけてしまうものですが、お友達にしてみれば余計な焦りをあおられて、嫌な気持ちになってしまうかもしれません。

親密度もよりますが、アラフォーらしく大人になって、婚活はあくまでも自分でするものと心掛けましょう。

⑥本人確認などが必要な婚活サイトや結婚相談所を使う

アラフォーの必死の婚活には結婚相談所や婚活サイトが効果的といっても、やたらと登録しても良い効果は得られません。

数打てば当たるどころか、情報流出の被害にあうリスクがあります。

アラフォーはスマートに、本人確認などがしっかりしている、実績と信頼感のある結婚相談所や婚活サイトを選びましょう。

必死に婚活したいアラサーにおすすめの婚活サイト・結婚相談所

アラフォーが必至に婚活に取り組むのにおすすめの、結婚相談所や婚活サイトを4つご紹介します。

人によって相性もありますから、自分にあったストレスのない方法で、積極的に婚活に取り組みましょう。

①ゼクシィ縁結び(婚活サイト)

ブライダルプランニング大手の、ゼクシィが運営する婚活サイト。

母体はリクルートなので情報保護がしっかりしており、初めて婚活に取り組むときにも信頼感があります。

スマホで簡単にマッチンクができるので、お仕事が忙しい人でも安心。

累計マッチング件数が230万組と実績も高いので、真剣な出会いを求めるアラファーにおすすめです。

②ユーブライド(婚活サイト)

累計1,755,550人と、国内最大級の婚活サイト。

住所を問わず、幅広い出会いが期待できます。

料金設定のバリエーションが豊富なのでリーズナブルに婚活ができますし、自分のペースで焦らずに相手を探したい、自立しているアラフォーにもぴったりです。

③ゼクシィ縁結びカウンター(結婚相談所)

同じゼクシィでも、こちらは専任のマッティングコーディネーターが相談から出会い、お付き合いやゴールインまでをトータルにコーディネート。

これまでなかなか異性と触れ合う機会がなく、コミュニケーションに自信がない人でも安心です。

10人に8人は入会後1ヶ月以内に出会いの機会に恵まれているので、必死なアラフォーの力強い味方になってくれるでしょう。

④パートナーエージェント(結婚相談所)

婚活に焦って悩んだとき、相手とのコミュニケーションにつまずいたときなど、なんでも相談ができる成婚コンシェルジェがいる結婚相談所です。

なんとパートナーエージェントの成婚率は、数ある結婚相談所の中でもNo.1なのだとか。

3ヶ月以内に出会いがない場合は登録料を全額返金してくれるので、金銭感覚のしっかりしたアラフォーも安心して婚活に取り組めます。

必死なアラサー婚活も焦りすぎずに進めよう!

結婚適齢期は人それぞれで違うので、アラフォーになったからといって焦って婚活をする必要はありません。

ですが30歳は自分のライフスタイルを見直す、良いきっかけになる時期。

後になって焦るよりは、いまのうちに必死に取り組んでおいたほうが何かとお得です。

自分の将来を考えたときに「結婚」という言葉が浮かんだら、早めの婚活に踏み出しましょう。

アラサー婚活の現実はどうなんだろう?気になる方は下の記事をお勧めします!

アラサー婚活の現実は厳しい?【回避する方法は?】

2019.04.05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です