婚活デートでの告白が成功しやすいシチュエーションはこれ!【時期・場所・断り方まで】

花束を持つ男性
LINEで送る
Pocket

婚活中デートで相手に告白するとき、とってもドキドキしますよね?

結婚が近づくのか、それとも遠のくのかを考えると焦ってしまいますが、実は、告白成功率を高める方法もあるんです。

婚活デートで告白をしたいと考えているあなたのために、告白の仕方や注意点、成功率を高めるポイントを詳しくご紹介していきます。

あわせて上手なお断りの仕方もご紹介していますので、しっかりチェックしておきましょう。

婚活デートで告白する前に知っておきたい事

婚活デートの相手に告白するときに、大事なポイントは次の3つです。

告白を失敗しないためにも、前もって相手の気持ちを確認しておきましょう。

あまり重く考えなこと

婚活デートでの告白はあまり深刻に考えずに、リラックスして望みましょう。

「もう後がない!」と思ってしまうと焦って失敗をしがちですし、自信のなさは相手にマイナスイメージを与えます。

気負わずに、スマートに自分の気持ちを伝えれば十分です。

「結婚を前提に付き合ってください」は婚活女子にはイチコロ

婚活サイトや結婚相談所を介して知り合った女性が相手であれば、言葉を並べる必要はありません。

必殺の決め言葉は、「結婚を前提に付き合ってください」です。

お互いの気持ちの方向性が同じであれば、ストレートに伝えたほうが心に響きますよ。

告白前にせめて2回はデートする

お互いの思いが通じていても、早すぎる告白は好ましくありません。

自分は会ったときから心を決めていても、相手が心の準備を整えていないことも多いもの。

告白前には最低でも2回はデートして、信頼関係ができ始めた頃に告白するのがベストです。

婚活デートの告白は男性から?女性から?

告白は男性から?女性から?

男女両方が積極的になっても良いのですが、婚活デートの場合は、男性から女性に告白したほうが丸く収まります。

早めに結婚をしたいという事情があっても、やはり女性は出会いにロマンスを求め、男性は恋愛で相手をリードしたいもの。

リードしたい男性に女性側から告白する、ロマンチックにリードされたい女性に対して男性側がいつまでたってもグズグズしているのでは、相手に引かれてしまいます。

相手の性格や恋愛への考え方を読み違えないよう、最初のデートの段階からアンテナを立てて、相手の気持ちを読み取りましょう。

婚活デートで告白が成功しやすいシチュエーションはこれ!

シチュエーション

それでは、婚活デートでの告白を一発で成功させる、とっておきの秘訣をご紹介していきましょう。

婚活デートをする段階で、相手の心はある程度あなたのほうを向いています。

キメの告白で、お互いに結婚の方向へ向かっていけるといいですね。

何回目のデートで告白するべき?

婚活デートで告白をするタイミングは、3回目のデートの時がベター。

2回目では信頼関係の構築が十分ではなく、相手に拒否されるかもしれませんし、4回目を過ぎるようでは相手が待ちくたびれてしまいます。

他の人からも申し込まれている可能性もありますので、ダラダラとデートを続けずに、ベストなタイミングを図りましょう。

どこで告白するべき?

婚活デートでの告白成功率を高める場所は、静かな個室や、騒がしくなくて落ち着ける場所です。

屋外の雰囲気の良いデートスポットでも良いのですが、たくさんの人が集まる遊園地などでは、お互いにリラックスできません。

天気も意外と心理面に影響を与えます。

自然と心が晴れやかになり、モチベが上がる、晴の日を選ぶとより告白成功率がアップしますよ。

理想的な告白のセリフ

婚活デートの相手に告白をする場合はまどろっこしい表現を使わず、「結婚を前提に、付き合ってください」とストレートに気持ちを伝えるほうが成功率は上がります。

ただしこれはそれまでの会話の中で相手が結婚に前向きな発言をしている場合や、結婚をにおわせる態度を見せていることが大前提。

結婚の話を向けてもかわされてしまうならまだ心の準備ができていないので、「付き合ってください」の無難なセリフで、圧迫感を与えずに先につなげましょう。

【番外編】大人な告白のお断り方3選

バツ印 カップル

番外編として、婚活デートの告白をお断りしたい場合の対処法もご紹介しておきます。

お断りの対応で相手を傷つけてしまうと、モヤモヤが残って次の出会いにも前向きになれません。

スマートにお断りして、悔いのない婚活を心掛けたいですね。

1.丁寧に簡潔にお断りする方法

婚活デートの告白をお断りすることは決して悪いことではありませんが、早めに、丁寧な言葉でお断りするのがマナーです。

断る本当の理由を詳細に説明する必要はありません。

相手を傷つけることなく、簡潔に素直に「ご期待に応えられなくて、申し訳ありません」と伝えれば十分です。

2.断るのが苦手な方の必殺技

断るのが苦手という人もいますが、ダラダラとはぐらかして自然消滅を狙うのは好ましくありません。

仕事が忙しくなってしまった、家族の事情で一旦婚活を保留するなどの口実をつけて、やんわりと断りましょう。

あわせて「遠慮なくパーティーや、他の方と出かけてください」を添えると、デートをする気がないという気持ちが相手に伝わり、角が立ちません。

3.もう少し時間をかけて考えたい時の対応

相手から告白されたときに、受けるか断るか迷ってしまう場合は、期限を設定して返事を保留してもらうことをおすすめします。

期限内にデートをしてみて、結婚について掘り下げて話をしてみましょう。やっぱり価値観等があわないと心が決まったら、誠実な対応でお断りをすれば問題ありません。

ただしダラダラと引き延ばすのはお互い時間の無駄なので、最初に設定した期限は必ず守ってください。

婚活デートで振られても大丈夫!次の相手を見つけるとっておきの方法

メモを取る女性

デートから告白へ、そして結婚とスムーズに進めたい人におすすめなのは、婚活サイトや結婚相談所での婚活です。

人によって相性がありますから、自分にあった方法で、理想の相手との出会いを求めましょう。

【気軽にできる!】マッチングアプリ

婚活サイトのようなインターネットサービスの中でも、気軽にデートに進みたい人におすすめなのはマッチングアプリです。

スマホがあれば場所を選ばず、いつでも出会いのチャンスがあるので、いま利用する人が増えています。

中でも「ペアーズ」は会員数が1000万人突破の、国内最大級のサイト。

検索機能が豊富で、登録からデートまでがスムーズに進めば、平均4ヶ月で理想の相手が見つかるかもしれません。

【本気で結婚したいなら】ゼクシィ縁結びカウンター

恋愛に慣れていなくて、デートや告白が不安なら、結婚相談所が力強い味方になってくれます。

初めての利用だと不安に思うかもしれませんが、ゼクシィ縁結びカウンターならかかる費用は入会金の3万円と月会費のみ。

専任のマッチングコーディネーターがマッチングからデート、告白や万が一のお断りの時にも丁寧にフォローしてくれるので、婚活初心者でも安心です。

※サイトのほうには、「2019年4月1日より、『ゼクシィ縁結びカウンター』は『ゼクシィ縁結びエージェント』へサービス名称が変わりました。」の記載があります。

婚活デートでの告白を成功させよう!

まとめ

とりあえず結婚までこぎつければいいと、婚活デートでの告白をスルーする人もいますが、思いを伝えて確認するシーンは深く心に残ります。

良い告白のメモリーが残るほど夫婦円満に過ごせるともいわれていますので、ぜひポイントをわきまえて、婚活デートでの告白を成功させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です