婚活中に女性から告白してもOK?成功するためのポイントを全て紹介!

対策法
LINEで送る
Pocket

婚活相手とカップルになったら、どちらかから告白をして真剣にお付き合いを始めるのが一般的な流れですが、女性から告白していいのか悩む人は多いのでは?

男性に引かれたら困ると不安になりがちですが、婚活相手に女性から告白して成功する秘訣があるんです。

婚活で女性が積極的に告白することの大切さと、告白を成功させるポイント、鉄板のセリフなどについてもご紹介していきます。

男性にとって婚活女性からの告白はアリ?ナシ?

不機嫌な女性

 

婚活相手に自分から告白することで、「がっついた女」と思われるのは困る。そう思っていませんか?

結論から言うと、婚活中に女性からの告白はアリです。基本的に、男性が女性の告白を嫌がるということはありません。

ただし男女のお付き合いの仕方に対する考え方はさまざまで、自分がリードしたいという男性も多いです。

特に婚活中は結婚後の力関係を考えて、自分の男らしさや決断力を見せたいと思うかもしれません。

婚活相手に自分から告白をするつもりなら、相手の性格や考え方をしっかり理解しておくことからはじめましょう。

婚活中の女性が告白する時の前準備

婚活相手に自分から告白しようとする女性は、しっかりと準備を整えることが大事です。

「当たって砕けろ」という気持ちでは、本当に玉砕してしまうかも。最初に告白が成功しやすい環境を整えましょう。

相手の気持ちをさりげなく確かめる

婚活中に限ったことではありませんが、男性が女性からの告白に喜んで応じるのは、相手の女性に好意を持っているときです。

お互いに条件があっているのだからと安易に考えず、相手の気持ちをしっかり確認しましょう。

「次は〇〇へ行こう」と男性側からデートのお誘いをかけてくる場合は、脈ありと考えてOKです。

相手に脈ありだと思わせる

告白とまではいかなくても、自分が好意を寄せていることを態度で示すことも大事です。

いつもニコニコと笑顔を返す、相手のことを褒めるなどのさりげないアピールをしておくと男性側も期待を持ち、気持ちを受け入れやすくなりますよ。

「あなたが好き」オーラを出して、婚活相手への告白成功率をあげましょう。

婚活中女性からの告白を成功させるポイントはこれ!

「ちょっと無理かな?」と思っても、ちょっとしたポイントをわきまえておけば、婚活女子の告白成功率はグンとアップします。

女性からの告白を成功させる、とっておきの秘訣を4つご紹介しましょう。あなたの告白の参考にしてくださいね。

1.告白前に最低でも1回はデートしよう

婚活相手に女性から告白する場合は、最低でも1回はデートをしてからにしましょう。

いくら相手の反応が良くても、いきなりの告白では男性を少し驚かせてしまうかもしれません。

女性から、男性からを問わず、婚活相手への告白のタイミングは3回目のデートが理想的です。

2.二人きりの時に告白しよう

告白するタイミングも大事です。

まわりにワイワイと人がいるのでは気が散ってしまいますし、男性から「空気が読めない人」と思われてしまうかも。

ドライブ中の車の中や2人っきりの観覧車、他の席から離れた高級なレストランや夜景の見える公園など、2人っきりで過ごせるチャンスを狙いましょう。

3.SNSではなく、必ず直接会って告白しよう

婚活相手とSNSで交流するのは良いことですが、実際に顔を合わせて告白をすることで思いが伝わります。

「緊張してうまく話せないかも」と大事なときに緊張してしまう気持ちはわかりますが、女性の場合はその恥じらいが男性に好印象を与えるかも。

ドキドキする瞬間を目の前で共有することで、お互いの気持ちも高まります。

4.静かな場所で告白しよう

婚活相手に女性から告白するときは、静かで落ち着ける場所を選んだほうが成功率がアップします。

相手に「えっ?今、なんて言ったの?」と聞かれるようでは、勇気がしぼんでしまいますよね。

告白は一発勝負。静かな場所を選ぶほうが自分も緊張しなくてすむので、しっかり気持ちを言葉にできます。

婚活女子の成功しやすい鉄板の告白フレーズとは?

婚活 脈ナシ 脈あり

女性から婚活相手に告白をするときにおすすめなのは、ストレートでわかりやすいフレーズです。

「好きです。結婚を前提にお付き合いしてください。」

これなら好きという気持ちと、将来を考える真剣さが伝わりますよ。

ただし、男性側の気持ちがはっきりと定まっていない場合は、ちょっと重いかもしれません。

告白前のデートで突っ込んだ結婚話に乗ってこない相手には、「好きです。お友達からでもおつきあいしてもらえませんか?」がおすすめです。

女性からの告白にOKをもらえなかった時の対処法

まとめ

残念ながら婚活相手に告白しても、OKをもらえないこともあります。

そんな場合は大人の女性らしく、落ち着いてスマートに対処をしたいもの。

相手の男性との関係によってとるべき態度が違ってきますから、ケースバイケースの対処法をチェックしておきましょう。

返事を保留にされた時

婚活相手の男性に、返事を待ってもらいたいと保留にされることもあります。

この場合はまだ良い返事をもらえる可能性がありますが、「返事はいつでもいいです」は好ましくありません。

相手の都合に振り回されてしまうだけなので、「1週間で返事がもらえない場合は、諦めます」と期限を設けましょう。

女性の潔い態度は男性を焦らせ、迷いを吹っ切る原動力になります。

普段職場や友達を介して会う人

告白の相手が毎日顔を合わせる同僚や、お友達の紹介で出会った男性の場合は、断られても完全に縁を切るわけにはいきません。

良い関係で繋がりを残さないとお互いにダメージが大きいので、「時間をとってくれてありがとう。残念だったけど、これからもよろしくね」と伝えることをおすすめします。

悲しい気持ちを抑えて大人の態度を示すことで、あとのお付き合いが楽になりますよ。

もう今後合わない人

婚活サイトや結婚相談所などで出会った男性の場合は、今後はもう会うことはありません。

「いままでデートに誘ってくれて、ありがとう」と丁寧にお礼を言って、スマートにお別れをしましょう。

人の縁はどこでつながっているかわかりませんから、最後まで誠意ある大人な女性の対応を心掛けたいですね。

婚活中は女性からどんどん告白するのもあり

婚活相手への告白を女性からするのは、結婚への早道です。

恥ずかしいとか、断られたらどうしようと迷わずに、どんどん女性のほうから告白していきましょう。

全ての告白が成功するわけではありませんが、ポイントさえ押さえておけば、告白の成功率アップは狙えます。

女性からの告白を待っている男性も多いので、少し積極的になってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です