婚活に必死すぎるのは良くない?【デメリットや評判】

LINEで送る
Pocket

婚活に必死すぎる姿勢はNG

必死になるのはNG

女性が婚活を始めると、どうしても必死になってしまうもの。

ですが婚活に必死になればなるほど、ご縁が遠のいていく可能性も否定することはできません。

いわゆる「すぎ女」のデメリットと、必死にならなくても婚活を成功させるポイントをチェックしておきましょう。

婚活で必死すぎる男女に対する声

声

婚活に必死になるのは女性に限ったことではなく、男性にもよくあること。

決して悪いことではないのですが、頑張りすぎの態度は悪い印象をまわりに与えてしまうって知っていましたか?

婚活に必死になっている人に対する感想を、街の声から拾ってみましょう。

「誰でもいいから結婚して養ってくれ」
という感覚丸出しの女性とはたとえ婚活の場でもお会いしたくはないですね。

「この男をゲットしたらあとは安泰」と考えて目の奥に炎をもやす女性からは全力で逃げ出したいでしょう。

https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2013/0609/598103.htm

 

男性だって、ある時期が来ればいい人と出会って結婚もしたいし、子供も欲しい。

でも、最初から「それありき」で来られたら、大抵の人は引くでしょ。

https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0507/313539.htm

 

大台を超えるまでに結婚したい→男サイドからしたら、まったくこれっぽっちも関係ない事情

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14136077969

 

「頑張っているんだな」という暖かい意見も寄せられていますが、どちらかというと多いのは否定的な意見です。

婚活に必死に取り組むほど周りが見えなくなり、自分がどんな評価を受けているか気が付くのが遅れてしまうので、注意しましょう。

婚活に必死すぎる時のデメリット

デメリット

婚活に必死になってしまったときのデメリットを、4つあげていきます。

婚活への取り組み方は人それぞれで違いますが、何気なくやってしまいがちな行動がどんなマイナス評価を受けるのか、客観的に理解しておきましょう。

①自信のなさやモテない印象を与えてしまう

必死になる事情はさまざまですが、あまりにアピールが激しすぎると、「そんなに焦るほど、モテないのだろうか?」と思われてしまいます。

焦りは自信のなさを連想させるため、マイナスの人物評価を受けがちです。

②重くて怖い印象を与えてしまう

真剣に結婚を考えている人が集まる場でも、あまりに結婚アピールが強い人は「重い」と敬遠されがちです。

気軽に知りあって相性を確認したくても、「捕まったら、逃げられない」と思われて避けられてしまうかもしれません。

③コミュニケーションがぎこちなくなってしまう

通常はさまざまな話題を通してお互いに人となりを知っていきますが、結婚に必要な条件だけを必死に話されると気まずいもの。

コミュニケーションがぎこちなくなってしまうことで、相手が退屈し、早く離れてしまいます。

④誰でも良いとの印象を与えてまう

数打てば当たるとばかりに異性に声をかけまくっていると、「結婚できるなら誰でもいいのか」という印象を与えます。

大勢の一人として扱われるのは誰だって嫌なので、婚活の場で異性から声をかけられる機会を失いがちです。

婚活中に異性に必死だなと思われるタイミング例

必死だと思われるタイミング

婚活相手を探している人は、どんな時に相手の必死さを感じるのでしょうか?

自分では「好印象」とか、「魅力的に見えるはず」と思っていても、実は逆だったということは多いようです。

①好き好きアピールが過剰な時

よく知り合ってもいないうちから積極的な好き好きアピールをされると、必死さに引いてしまう人は多いです。

相手の気を引くのは大事なことですが、必死さで悪印象を与えてしまうと、逆に相手を遠ざけてしまうかもしれません。

②過剰に優しくしすぎる時

過剰な優しさはわざとらしくて、かえって悪印象を印象を与えるものです。

困っている時にさりげなく示される優しさはポイントが高いのですが、必要がない時に頻繁に手を出すと、うっとうしさから嫌われてしまうかもしれません。

③長文のメッセージをたくさん送る時

メールは気軽にコミュニケーションがとれるのが魅力ですが、必死になって長文のメールを繰り返し送ってくるのはやはり迷惑なもの。

メールの醍醐味を台無しにしているので、メールが無視されてしまう可能性が高くなります。

④返信が毎回早い時

メールを送ったときの返信が毎回あまりにも早いと、いかにも待ち構えているような怖さを感じます。

程よい距離感で情報交換ができるのかメールの良いところなので、必死過ぎるとお付き合いを断られてしまうかもしれません。

⑤アイコンの画像を盛りすぎている時

アイコン画像は自分の容姿そのものですから、盛りすぎていると必死に悪いところをごまかしているという悪印象を与えます。

実際に会ったときの印象も、最悪になりがちです。

婚活中に必死感が出てしまう時の対策

必死すぎるのは困りものですが、婚活で良い相手と巡り合うためには、ある程度の積極性は欠かせません。

必死感を出さずに、婚活相手に上手にアピールできる次のポイントをチェックしておきましょう。

①焦っても逆効果であることを認識する

どんなに結婚したくても、婚活に焦りは禁物です。

必死になって相手を捕まえても、自分に合わない人を選んでしまえば将来的にうまくはいきませんので、余裕をもって出会いを楽しみましょう。

②自然体で異性とコミュニケーションをとる

婚活相手に自分の性格や容姿を隠す程の必死さは、好ましくありません。

結婚をして長く人生を共にする人だからこそ、自然体のままの自分を愛してもらえるよう、ありのままの姿でコミュニケーションを取りましょう。

③好意は伝え方やタイミング、程度を考慮して伝える

必死に好き好きアピールをしても、伝え方やタイミング、相手との親密度次第では、逆効果になってしまいます。

過度なアプローチよりも、相手の身に立った気配りや配慮のほうが婚活相手としてのポイントは高いので、相手の気持ちを慮りながらのアピールを心がけましょう。

④マッチングアプリなどで①~③に慣れる

婚活に必死になってしまうのは、それまでなかなか出会いの経験がなくて、焦っているからともいえます。

たくさんの出会いのチャンスが期待できるマッチングアプリで婚活経験を増やして、将来的に結婚につなげていけるといいですね。

婚活中の必死感対策にオススメのマッチングアプリ3選

婚活に熱心に取り組むあまりに必死感が出てしまう人におすすめの、マッチングアプリはこちらです。

自分にあった使いやすいアプリで、婚活経験値を増やしましょう。

①オミアイ

 

登録会員の8割以上が真剣に婚活している人という、確実に結婚相手出会えると人気のマッチングアプリ。

登録時の本人確認がしっかりしているので婚活初心者でも安心して利用ができ、まじめなお付き合いに発展することが期待できます。

②ペアーズ

 

登録無料で簡単に利用できるので、登録人数はなんと1000万人を突破。

国内最大級の規模を誇るマッチングアプリだからこそ、婚活経験が少ない人でも気軽に出会いを増やして、必死感対策ができますよ。

③マリッシュ

マッチングアプリの中でも再婚に強いと評判なのが、シンママやシンパパの出会いを応援しているマリッシュです。

登録会員の大半は30~40代と年齢層が高めですが、だからこそ真剣に出会いを求めている人が多く、必死になりすぎても目立ちにくいので安心です。

婚活中は必死になりすぎないように対策しよう

結婚をしたいと意識し出すと、ついつい熱が入ってしまいますが、相手が引いてしまうほど必死になってしまうのは、やっぱりNG。

肉食系女子でも「すぎ女」にはみられないよう、注意をしたいですね。

婚活相手としてマイナス評価を受けやすい必死さや、好印象を与えるポイントを理解して、ゴールラインを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です