40代バツイチ男性の婚活事情と結婚するメリット・デメリットを紹介!

デートのポイント
LINEで送る
Pocket

婚活女子が本気でパートナーを探すなら、40代の男性、しかもバツイチの人も狙ってみることをおすすめします。

年齢が高いバツイチ男性は条件が悪いと敬遠しがちですが、あなたの理想の男性が隠れているかもしれませんよ。

ただし、しっかりと相手の人柄を見極めないと幸せな結婚はできません。

婚活女子が知っておきたい40代のバツイチ男性の婚活事情や、パートナーの見極め方を解説していきます。

40代バツイチ婚活男性は増加中

危険人物種類

いま、本気で婚活をする40代のバツイチ男性が増えています。なぜなら社会全体で離婚に対する否定的な意見や、バツイチに対する偏見が少なくなってきたから。

もちろん社会的に再婚がしやすくなったからといって、簡単にパートナーが見つかるわけではありません。やっぱり男女とも、バツイチはさまざまな事情から婚活がしにくい事情はあります。

だからこそ前向きになって、積極的に婚活をするのが大人な40代バツイチ男性の強み。実際に40代バツイチ女性よりも、40代のバツイチ男性のほうが、再婚率は高い傾向があります。

敬遠されがちな40代バツイチ婚活男性の特徴

いくら再婚率があがっても、婚活市場で敬遠されがちな40代のバツイチ男性はいるもの。

どんな条件が再婚のネックになりやすいのか、チェックしておきましょう。婚活女子にとっても、押さえておきたいポイントです。

家のローンを返済中

婚活相手を探す条件の中でも、お金の問題はシビアですね。

借金については念入りに確認が必要ですが、そこそこの年齢に達している40代の男性の場合は、持ち家があってローンを抱えている可能性があります。

40代のバツイチ男性の場合は離婚の際に自宅は売却したものの、ローンだけが残っているケースもありますので注意しましょう。

前妻との間に子供がいる

やっぱり前妻との間に子供がいるかどうかは、重要なポイントでしょう。

同居している場合は何人いるのか、何歳なのかが再婚率を左右しますが、前妻に引き取られている場合でも養育費や面会交流などの問題が残ります。

解決できないものではありませんが、真剣なお付き合いを始める前に、よく二人で話し合っておくことをおすすめします。

仕事の休みが不定期

婚活をする女性は自分と休みが合う、お付き合いしやすい男性を選ぶ傾向があります。

相手を良く知るためにもデートはコミュニケーションにかかせませんし、なかなか休みが取れない男性とは、結婚生活のすれ違いも心配になるもの。

男性側でも仕事が不規則な場合は、婚活に充分な時間をかけられません。

40代バツイチ婚活男性と結婚するメリット

無理なく理解する

40代のバツイチ男性との結婚には、女性にとって次のようなメリットがあります。

実際に40代のバツイチ男性の魅力は見直されていて、同じく離婚経験のある40代の女性だけでなく、初婚の若い年代の女性からもモテモテなんです。

一回結婚経験があるから安心

40代のバツイチ男性は一度結婚をしているからこそ、結婚の良い面も悪い面も知り尽くしているという安心感があります。

気持ちに余裕があるので、若い男性にありがちなガツガツしたいやらしさもありません。

人生経験が豊富だからこそデートなどで上手にリードしてくれますし、結婚すると妻を幸せにしようと努力してくれます。

前回の結婚を教訓としている

40代のバツイチ男性は一度結婚をしたことで、男としての覚悟や責任感を持っている頼れる存在です。

気持ちにブレがないので、再婚すれば妻は安心してついていけるでしょう。

一度結婚に失敗したという罪悪感を持っている男性も多く、「次は失敗しないように」と気を配ってくれるので、離婚などの失敗リスクも少なめです。

子供の扱いが上手な場合が多い

離婚した前妻との間に子供がいれば、子育てに関して相当な知識を持っています。これは将来的に子供が欲しい婚活女子にとって、かなりの強みでしょう。

赤ちゃんのお世話の仕方や、男性が育児や家事に協力する必要性も知っているので安心。

一度家族を失っていることで家族を大事にする気持ちも強いので、40代のバツイチ男性は婚活相手としてかなり魅力的です。

40代バツイチ婚活男性と結婚するデメリット

必死になるのはNG

逆に40代の男性だからこそ、バツイチで離婚経験があるからこそ、結婚する相手には選びにくい面もあります。

婚活相手に40代のバツイチ男性を狙う場合は、次のようなデメリットも承知しておきましょう。

前妻に養育費を支払っている場合がある

前妻との間に子供がいる場合は、養育費が再婚後の家計を圧迫するリスクがあります。

金額はさまざまですが、養育費は子供が成人に達するまで、毎月コンスタントに支払う必要があるもの。

進学時は100万単位のまとまったお金を、急に用立てる必要があるかもしれません。

義理の両親との関係を築くのが大変かも

40代のバツイチ男性と再婚した女性の中で、義両親とのお付き合いがうまくいかないと悩む人は多いです。

40代の男性であれば、その両親は60~70代に達していることが多いもの。

ジェネレーションギャップで意見が合わないだけでなく、介護などの問題も女性側にリアルにのしかかってきます。

相手に致命的な離婚理由があるかも

ギャンブルや金遣いの荒さ、女性関係にだらしないなど、そもそも結婚に向いていない40代のバツイチ男性もいます。

本人が再婚を強く望んでいても、なかなかこういった人間性は変わりにくいもの

再婚をしても、同じような理由で離婚に追い込まれるリスクは否定できません。

「アタリ」な40代バツイチ婚活男性を見分けるポイント

手を握り合う男女

本気で結婚をしたい婚活女性にとって、40代のバツイチ男性は魅力的な存在。

メリットが高いだけでなくデメリットもあるからこそ、一生のパートナーとしてふさわしいか冷静に見分けることが大事です。

優良物件の40代バツイチ男性の特徴を、3つご紹介していきましょう。

働き先がしっかりしている

40代の男性であれば20年前後の社会人経験があって当然ですが、勤め先がしっかりしていれば、社会的に能力が認められている人物と考えて大丈夫。

離婚経験があっても社会的評価が高い人なら人柄が信頼できますし、人生の守りに入っている年代なので、再婚をしても無茶なことをするリスクはありません。

転職が多いか、今の仕事や会社に何年従事しているかなども、忘れず確認しましょう。

前妻と何があったか隠さず話してくれる

バツイチとなった原因を婚活の際に話してくれるということは、過去の整理をきっちりつけていて、誠実である証拠です。

離婚の原因がなんであれ、自分の悪かったところを認めている人なら、再婚後も夫婦として良好な関係を維持する努力をしてくれると期待が持てます。

ネチネチと前妻の悪口を言い続けるような40代バツイチ男性は、避けたほうが無難かも。前妻との現在の関係性も、しっかりチェックしておきましょう。

身だしなみに清潔感があり、年齢より若く見える

40代になると男性としても魅力も下り坂に入ってくる時期ですが、身だしなみに気を配っているようであればまだまだ気が若く、恋愛に意欲的です。

結婚したときに、心も体も満足できるパートナーになること間違いなし。

清潔感のある男性は「できる男」としても社会的評価も高いので、バツイチでも安心です。

狙い目な40代バツイチ男性を見つけよう!

いままでは40代以降か離婚歴のある女性が狙うものと思われがちでしたが、40代のバツイチ男性は若い年代や初婚の婚活女子にとっても非常に魅力的な婚活相手です。

ちょっと意識を変えてみましょう。パートナー選びの範囲を広げるだけで、良い出会いがあるかもしれません。

あなたも40代バツイチ男性を賢く見分けて、幸せなゴールインを目指しましょう。

【保存版】婚活の初デートを成功させるポイントと注意点

2019.04.12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です