婚活中のラインブロックはよくある事?【理由や対策方法を紹介】

落ち込む女性
LINEで送る
Pocket

婚活中にラインブロックされてしまうのはよくあること

婚活 ブロックされる

婚活中に出会った人といい感じで連絡を取り合っていても、急にラインブロックされてしまって、悲しい気分になることありませんか。

急にラインブロックされると、何が理由なのか不安になってしまいますね。

でも、実は婚活中に相手からラインブロックされることは、意外と多くの人が経験しているようですよ。

今回紹介すること
ラインをブロックされることは婚活でよくあるのか?その心理と理由をご紹介します。

それでは、みていきましょう!

あなたがブロックされたワケがわかるかもしれません!

婚活中にラインブロックされた際に考えられる理由

ブロックされる理由画像

では、どうして婚活中に好きな人から、ラインブロックされてしまうのでしょうか。ラインブロックをされてしまう考えられる理由を見てみましょう。

①他の人を好きになった

婚活中であると付き合っていない状態であれば、相手も婚活パーティーなどで、数人と出会っている可能性があります。

あなたと同時に他の人ともラインでやり取りしていたり、会っていたりすると、他の人を好きになってしまうこともあるでしょう。

もしかすると、相手はあなた以外の人を好きになってしまって、やむを得ずラインブロックしたのかもしれません。

②返信を催促しすぎた

普通は相手から返事がくれば、すぐに返信したくなるものですよね。でも、相手の返信が遅いからと、返信を催促しすぎてはいないでしょうか。

仕事や用事が立て込んでいるときに、返信を催促するラインがくると相手に負担に思われてしまいます。

また、立て続けにラインを送る過ぎることでも、重いと思われる可能性が高くなり、ラインブロックされる理由になります。

③返信がマメでなく諦められた

前述とは逆のパターンで、あなたの返信が遅すぎることもラインブロックされる理由として考えられます。

婚活中はうまくいくことを望んでいる相手が多く、返信が遅いと自分に興味がないのでは…と諦めてしまいラインブロックする人もいます。

④必死すぎて重たいコミュニケーションになった

婚活中に結婚を前向きに考えるのはいいことですが、必死感が伝わりすぎると、重たすぎて引いてしまわれかねません。

ラインでの会話はお互いに楽しめるものが理想ですが、必死すぎて重たいコミュニケーションになってしまって、ラインブロックにつながるケースもあります。

⑤社交辞令でのライン交換だった

婚活パーティーなどでの場では、とりあえず連絡先を交換するということも少なくありません。

連絡先を聞かれて、とりあえず教えたということも、あなたにも経験があるのではないでしょうか。

社交辞令でライン交換した場合は、相手にしてみれば興味がなく、ラインブロックする理由になり得ます。

⑥相性が良くないと判断された

ラインをやり取りしているうちに、お互いの性格がわかってくるので、相性が良くないと判断されてしまったときにも、ラインブロックの理由になります。

自分の性格が誤解されていないのであれば、性格は人それぞれ違うため、この場合は仕方がないでしょう。

⑦相手が結婚を視野に入れていなかった

婚活パーティーなど、出会いの場で出会ったとしても、相手が結婚を意識しているかどうかはわかりません。

相手が結婚を視野に入れていない場合、あなたとの結婚に関する意識の違いから、離れていってしまう可能性があり、ラインブロックされてしまうかもしれません。

婚活中のラインブロックには落ち込まずに次を頑張ろう

ブロックされても次に進もう画像

婚活中に好きな人からラインブロックされるのは悲しいことですが、あなただけが経験していることではありません。

ラインブロックにつながる理由は、性格の不一致や結婚に関する意識の違いなど、仕方がないことも存在します。

ラインブロックされたことをあまり落ち込まず、その人とは縁がなかったと思って、次の婚活に向けて頑張るほうが賢明です。

婚活中好きになった人からラインブロックされない方法

ブロックされないために

仕方がない場合もあるとはいえ、婚活中のラインブロックは辛いですよね。

ラインブロックされるのを完璧に防ぐのは無理ですが、不本意な形でラインブロックされるのは、少しの改善で避けることができます。

①今回のラインブロックの原因を自分なりに探り、修正する

ラインブックされたときに、まずは冷静になって、自分なりにどこがいけなかったのか原因を探ってみましょう。

例えば、返信を催促しすぎていたのなら、相手から連絡がくるまで待つスタンスにしてみるなど、あくまでも自分を責めないで、次の婚活相手とのやり取りの際は修正するとうまくいくかもしれません。

②焦りすぎず相手の状況を想像しながらラインする

ラインを使ったコミュニケーションは、自分本位なものでは成立しません。相手のことも考えながら、やり取りを行うのが大切です。

そのためには、婚活中の焦りを抑え、相手の状況も想像しながらラインするようにすると、ラインブロックされる可能性が低くなります。

③婚活に前向きな人が集まるイベント、サービスやアプリに参加する

ラインブロックされた理由が、相手が結婚を視野に入れていないことが原因だとしたら、知り合う相手が悪かったということになります。

それを回避するためには、婚活に前向きな人が集まるイベントに参加したり、結婚を視野に入れている人のためのサービスやアプリを使って、相手と出会うようにしましょう。

④男女の仲に詳しい友人にアドバイスをもらう

婚活中に好きな人にラインブロックされる理由が、自分なりに考えてみてもわからないときは、人からアドバイスをもらうのがおすすめです。

男女の仲に詳しい友人がいるなら、どうすればラインブラックされる可能性が低くなるのか、思い切って相談してみると、あなたの性格をよく知っている友人だからこそ、適切なアドバイスをもらえるかもしれません。

婚活に前向きな人が集まるサービス4選

ラインブロックされる可能性を少しでも下げるために、ここでは婚活に前向きな人が集まるサービスをご紹介します。

①ゼクシィ縁結びカウンター(結婚相談所)

結婚情報誌で有名なゼクシィが手掛けているとあって、顧客満足度1位も獲得している結婚相談所です。

特徴は専任のマッチングコーディネーターがつくことで、自分に合うパートナー選びに尽力してくれます。

入会費と月会費は必要ですが、始めの婚活相談は無料で行っている上、他の結婚相談所ではありがちなお見合い料なども不要です。

②パートナーエージェント(結婚相談所)

パートナーエージェントは、成婚率ナンバーワンとの呼び声も高い結婚相談所で、人気が高いのも頷けます。

人気の秘密は出会い保証制度が設けられていることで、3ヶ月以内に出会うことができなければ、登録料を全額返金してもらえます。

また、90%以上の人が入会から1年以内に交際につながっていることからも、婚活に前向きな人が多いことがわかります。

③ゼクシィ縁結び(ネット婚活)

ゼクシィには結婚相談所以外にも、気軽に出会いができるようにネットの縁結びサービスも行っています。

会員登録や基本的な機能は無料で使用できることもおすすめポイントで、質問に答えると価値観の合う相手を毎日4人紹介してもらえる機能もあるため、自分の考えに近い人と出会える可能性が高いです。

④Yahoo!パートナー(ネット婚活)

yahoo!パートナー

大手yahooが手掛けるマッチングサービスで、自分の趣味から相手を探すことができます。

気に入った相手がいれば、「いいね」を押してアピールすることができ、インスタなどのように気軽に使用できるのが特徴です。

ニックネームで登録できるため、登録している全ての人に本名がばれることもありませんし、24時間運営が監視していることもあり、安全対策も万全です。

婚活中にラインブロックされても落ち込み過ぎずに対策を練ろう

まとめ

いかがでしたか?

婚活中に好きな人からラインブロックされる理由や対策について、解説しました。

婚活中にラインブロックされることは決して稀なことではないので、例えラインブロックされたとしても、あまり落ち込みすぎる必要はありません。

今後の婚活に活かせるように、ラインブロックされた理由を考えて、次はよい結果が得られるように対策を練っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です