【女性目線】思わず「気持ち悪い」と感じる婚活男性の行動・言動・性格まとめ

LINEで送る
Pocket

結婚相談所や婚活サイトには素敵な独身男性にあふれていると思いたいものですが、婚活の場にも、女性目線でみて「気持ちが悪い!」と感じる男性はいます。

出会ってしまったら早めにスルーできるよう、婚活女子が避けるべき男性の性格や特徴を知っておきましょう。

今回は婚活の場で気持ち悪いと評価されがちな男性の、言動や行動を詳しくご紹介していきます。自分がモテないことに悩んでいる婚活男子も必見です。

婚活中に「気持ち悪い男性」って意外にいる!

残念ですが、どんな婚活の場にも気持ちが悪い男性はいます。

婚活の出会いは恋愛感情が先に立つ盲目状態ではなく、冷静に相手を観察しているので、むしろ普段よりも嫌悪感を抱く機会が多いかもしれませんね。

女性が婚活相手の男性に「気持ちが悪い」と感じるのは、将来の結婚生活の不安をなんとなく予想するからです。

どんなに好条件でも生理的に無理な相手とは幸せに暮らせないので、お付き合いの継続を慎重に判断しましょう。

女性が「気持ち悪い」と思う男性の行動・言動・性格

異性の好みは個人差が大きいものの、多くの婚活女子が気持ち悪いと不安を感じるのは、次のような男性です。

婚活男子の場合は自分がこの特徴に当てはまらないか、一度振り返ってみてくださいね。

マザコンすぎる

男性が自分の母親を大事にすることは決して悪いことではありませんが、過ぎたるものは気持ちが悪くてドン引き。結婚した後も母親べったりで、苦労するのが目に見えています。

デート中にやたらと自分の母親の自慢話をする、なにかあったらすぐに母親に相談しないと決められない婚活男性は要注意。

服装や持ち物をすべて母親が選んでいる、いい大人が「ママ」呼びをしている男性も、ターゲットから外すことをおすすめします。

初対面でボディタッチが多い

必死になるのはNG

フレンドリーさを演出したい、エスコートをして良いところを見せたい男性もいますが、ボディタッチが多いのは女性にとって気持ちが悪いものです。

明らかに男性の「ヤリたい」という下心が見えています。真剣な交際を決めた相手ならともかく、審査段階でボディタッチを心地よく感じる女性はほとんどいません。

ヤリ目的でウソ婚活している男性とはデートを重ねても真剣交際に進むことがないので、時間の無駄です。

今何してるか?を常に聞いてくる

電話に怒鳴る男

結婚相手をガッチリと捕まえたいと頑張るあまりに距離感を詰めすぎ、やたらとしつこかい婚活男性は多いのですが、いちいち行動を確認しようとする男性は困りものです。

支配欲が強い、困った性格が見え隠れしていて、ストーカー気質の気持ちの悪さ悪さがありますよね。

我慢して結婚してもトラブルを抱え込むリスクは高いので、これも婚活相手としては避けた方が良い部類の男性に入ります。

遅い時間から会おうと言ってくる

婚活で知り合った男性のお誘いは嬉しくても、毎回デートのセッティングがアフターファイブの場合は本命向けの態度とはいえず、「キモ!体目的?」と疑ってしまう女性は多いです。

真剣なお付き合いを望む男性は事前に計画を立てて、半日から丸一日かけてのデートで相手を知ろうとするもの。

いつも直前になって居酒屋や夜中のドライブに誘う男性は、完全に遊びやヤリ目的。お持ち帰りされる前に、早めにお付き合いを見直しましょう。

上から目線な態度

婚活 こうすれば大丈夫

やたらと上から目線だったり、今時あり得ない男尊女子的な発言を繰り返したりする男性も、女性にとっては気持ちが悪いです。

本人としては威圧的な態度を男らしさと勘違いしているのかもしれませんが、婚活相手は一生を共にする、対等なパートナー。

女性側がしらけている空気も読めない男性はそもそも自分が婚活を必要とする理由を分かっておらず、婚活女子の理想のパートナーにはなりえません。

服装がダサい

婚活中であれば当然相手に良い印象を持ってもらおうと見た目を気にするものですが、服装がとにかくダサい、シーンにあっていない恰好で堂々としている男性もいます。

周りにあわせる常識がないのは、ちょっと気持ちが悪いですよね。

服装にかまわない男性はとにかくおじさんっぽく見えますし、ダサさが邪魔をして短所ばかりが目立ち、婚活女子は好意を持つことができません。

下心がみえみえな態度

不機嫌な女性

やたらと住んでいる場所を知りたがる男性や、露骨に泊りがけのドライブに誘ってくる男性は、下心がバレバレです。

婚活女子は体の関係ではなく結婚相手との出会いを求めているため、ヤリ目的の男性との気持ちのずれは大きな違和感を呼び、好きになることができません。

真剣な交際を求めている男性は、好印象を残すために慎重に女性と向き合うもの。チャラチャラとした軽い態度や、カジュアル重視で見た目にこだわる男性は要注意ですよ。

汗臭い・加齢臭がする

女性は男性よりも臭いに敏感なので、汗のすえた臭いや油っぽい加齢臭がする男性はキモさマックス。

体臭だけでなく髪の毛がボサボサ、爪が伸び放題、爪が汚れて真っ黒といった清潔感のない男性は、女性の生理的嫌悪感を一発で刺激し、気持ちが悪いとみなされます。

女性は一度感じてしまった生理的嫌悪感を、なかなか克服できません。どんなに高学歴で高収入、イケメンの男性でもであっても、完全に対象から外れます。

自慢話や武勇伝ばかり話す

いくら能力や実績があっても、自慢話オンリーの勘違い男は気持ちが悪いもの。さらにそれがどうでもいいマイ武勇伝だったら、どう返事をしたらいいのかわからず、困ってしまいますよね。

自分の魅力をアピールするために自慢話に走ってしまう婚活中の男性は多いのですが、女性の場合はそれをニコニコと愛想のよい態度で聞かされ続けるので、ストレスがたまります。

デートをしても我慢ばかりで、相手に好意を持つことができません。

消極的すぎる性格

座る男性

女性とのお付き合いでイニシアティブをとりたがる男性もいれば、どちらかというと女性任せの人もいて、個性はさまざま。

消極的でも決して悪くはないのですが、ずっとモジモジしていたり、女性側から話を向けても全く乗ってこなかったりでは、「この人、いったい何がしたいの?」と気持ち悪く感じてしまいます。

消極的過ぎて会話も成り立たない男性とのツーショットは、本気で婚活している女性にとってかなりの苦痛。イライラが高じて、相手が嫌いになります。

下ネタを連発する男

コミュニケーションの一環と勘違いする男性はまだまだ多いのですが、女性にとって下ネタ好きの男性はかなり気持ちが悪いです。

自分のセックス経験をことさらに披露するのも十分失礼ですが、これまでの男性経験や初体験の年齢を平気で聞いてくるのは、完全にセクハラ親父でしょう。

セクハラ親父は社会の嫌われ者。下ネタ連発の婚活男性も、婚活女子の完全な嫌われ者です。

婚活女性が体験した「気持ち悪い」男性のエピソード

それでは女性はどんな時に、婚活相手の男性を気持ちが悪いと感じてしまうのでしょうか?

男性に好意ではなく嫌悪感を抱くきっかけを、具体的なエピソードを挙げてご紹介していきましょう。

女性は見た目などの視覚的な情報に左右されがちですが、婚活男性を気持ち悪いと感じるのは、意外にも相手との会話に原因があるようです。

男性と女性では視点が違うので、話がかみ合わないことはよくあるもの。

男性が女性の気持ちを全く理解せずに好き勝手な言動をすると、さすがの婚活女子もイラッとして、否定的な意見を抱え込んでしまうのでしょう。

婚活中の行動や態度には十分注意することが大切!

女性なら誰でも理想の結婚相手を夢見るものですが、残念ながら理想と完全に一致する、完璧な男性はいません。

婚活相手の男性を気持ちが悪いと感じたときは理由を考えてみて、今後の付き合いの方向を判断するといいでしょう。

逆に女性も婚活相手の男性から完璧さを求められています。女性も自分の行動や態度を振り返ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です