【完全版】2回目の婚活デートの誘い方とベストなタイミングを紹介!

花束を持つ男性
LINEで送る
Pocket

婚活でデートをしたものの、後が続かず関係が自然消滅しちゃうことってよくありますよね。

「どうしてうまくいかないんだろう…」と悩んでいるあなた、もしかしたら2回目のデートの誘い方がまずいのかもしれませんよ。

実は婚活では、2回目のデートの誘い方が重要なんです。

2回目のデートにつなげることができるかどうかで、今後の二人の関係が決まると言っても過言ではありません。

そこで今回は、2回目の婚活デートの誘い方、誘うタイミング、誘った後の連絡方法などをご紹介します!

2回目の婚活デートの誘い方のポイント

デートのポイント

ここでは、2回目の婚活デートの誘い方のポイントをご紹介します。

2回目の婚活デートの誘い方がわからない、どういったことに注意すればいいかわからないという方は特に参考にしてみてくださいね。

1.1回目のデートから1週間以上空けない

可能であれば、1回目の婚活デートから1週間以上空けないようにしましょう。

2週間、3週間と間を空けてしまうと、お互いの気持ちが冷めてしまう恐れがあるからです。

せっかくお互いいい感じの気持ちを持つことができたのですから、気持ちが熱いうちに押して距離を縮めるのがセオリーだと言えます。

また、相手が他の人にもアプローチを受けてしまい、そっちに流れてしまうということが起きるかもしれません。

お互い婚活中なので、できればより良い人と結婚したいと思うのは、自然な心理ですよね。

他の人に取られないようにするためにも、間は空けないのがベストです。

焦らないように注意しつつ、できるだけ早く2回目の婚活デートを約束しましょう。

2.突然誘わず、毎日LINEして距離を縮める

1回目の婚活デートが終わってしばらく連絡がなかったのに、いきなり2回目の婚活デートに誘われても、相手はびっくりしてしまいます。

そこで、2回目の婚活デートは、毎日LINEをして距離を縮めてから誘うようにしましょう。

突然2回目の婚活デートに誘うということがないようにしてください。

毎日のLINEは、1回目の婚活デートのこういうところが楽しかった、他にはどういうところに行ってみたい、日常の話など、やり取りして楽しくなるようなメッセージを送ることを心がけてください。

お互いが自然と2回目の婚活デートを意識するような流れを作ることがポイントです。

3.誘うときは先に日にちを決める

2回目の婚活デートに誘うときは、先に日にちを決めるようにしてください。

相手も社会人で仕事の都合がありますし、婚活中だと婚活パーティーなどの予定を入れているということもあるでしょう。

先に会える日と時間を決めておけば、デートプランも組み立てやすいです。

例えば、金曜日の夜の時間帯だけ空いているなら、オシャレなレストランでのディナーと、夜景を見に行くということができるでしょう。

他には、日曜日一日中会えるということなら、遊園地など、時間をかけて遊べる場所に誘ってもいいですよね。

スムーズに段取りを決めて、相手に「頼りになる」と思われちゃいましょう。

2回目の婚活デートを誘うオススメのタイミング

2回目の婚活デートを誘うタイミングって難しいですよね。

少し間を空けた方がいいのか、それとも即誘っていいものなのか気になってしまいます。

そこでここでは、2回目の婚活デートを誘うタイミングをいくつかご紹介します!

1回目のデート内で次のデートを約束しよう

1回目の婚活デートのときに、次のデートにつなげられそうな会話が出たら、そのまま2回目の婚活デートに誘っちゃいましょう。

「次はこういうところに行きたいと思っています。ご都合はいかがでしょうか」

「ここに二人で一緒に行けたら、楽しいと思いませんか」

などと言って、相手にもその気にさせちゃいましょう。

うまくいけば、その場でオーケーをしてもらうことができ、いい感じに1回目の婚活デートを終えることができちゃいます。

1回目のデート解散後に自然な流れで誘おう

1回目の婚活デートが終わったあとに、LINEを送りますよね。

その会話の流れで、そのまま2回目の婚活デートに誘うという手があります。

ポイントは、あくまでも自然に誘うということです。

突然2回目の婚活デートの話をされても「まだ1回目の余韻に浸って話していたのに…」と思われてしまう恐れがあるんですね。

1回目の婚活デートが楽しかったという気持ちをしっかり共有した上で、じゃあ次はどこに行こうという流れを作るようにしましょう。

1回目のデートから最長でも2週間以内に!

1回目の婚活デート後に誘えなかった場合は、後日デートに誘うことになりますよね。

注意点としては、1回目のデートから、最長でも2週間以内に誘うということです。

なぜなら、あまりにも間が空いてしまうと、1回目の婚活デートが楽しかったという気持ちが薄れ、2回目の婚活デートに行こうと思うやる気が出なくなってしまうからです。

実質1回目のデートのようなものになってしまい、また相手の気持ちを一から盛り上げることになってしまいます。

できれば、1週間、長くても2週間以内に2回目の婚活デートを誘いましょう。

2回目の婚活デートでオススメのデートスポットはここ!

手を繋ぐカップル

2回目の婚活デートでは、以下のスポットがおすすめです。

・水族館
・遊園地
・映画館
・動物園

いわゆる定番と呼ばれるデートスポットですね。

相手が誘いに乗りやすいとですし、会話に困ることがないということもポイントです。

せっかく2回目の婚活デートに誘っても、会話が盛り上がらないと失敗ですよね。

これらのデートスポットなら、動物や映画、アトラクションなどについて感想などを喋るだけで話が続きますし、仮に沈黙の時間があったとしても、気まずくなるということがありません。

さらに、買い物のように片方だけ楽しむとか、相手を巻き込むということもないので、思う存分婚活デートを楽しめるというメリットもあります。

普通すぎるから避けるという人もいますが、2回目の婚活デートは、定番スポットの力に頼るくらいでちょうどいいのです。

おすすめスポットの中から良さそうな場所を選んで、2回目の婚活デートに誘ってみましょう。

2回目の婚活デートのNG行動一覧

ここでは、2回目の婚活デートでのNG行動をご紹介します。

せっかくデートに誘うことができても、相手が冷めるような行動をしたら全てが水の泡です。

もしも心当たりがあるなら、今すぐにでも改善するようにしましょう!

話しすぎるのはダメ、聞き役に徹して!

相手に楽しんもらおうと話したくなる気持ちは理解できるのですが、意外と相手に不満が溜まることが多いです。

もちろん、話をして場を盛り上げることは大事です。

しかし、それ以上に大事なのが、相手の話を聞くということです。

多くの人は「話をしてもらう」ことよりも、「話を聞いてもらう」ことに満足します。

つまり、話を聞いてもらえた、受け入れてもらえたと感じることでデートに満足し、相手に対する好感度が上がるわけですね。

2回目の婚活デートでは、話を聞くことを意識するといいでしょう。

マザコンアピールはマイナス

家族思いなことをアピールするために、母親の話題を出す人がいますが、それはNGです。

特に男性に多いのですが、マザコンアピールをしても、女性は引くだけなんです。

むしろ「結婚してから姑の味方をされて苦労しそう…」と思われるので、婚活の足を引っ張ることになってしまいます。

母親を大事にすることは立派ですが、相手にマザコンだと思われないようにしてください。

男性からの過度なボディタッチ

あなたが男性の場合、男性からの過度なボディタッチはやめてください。

お互い婚活をしていて真面目なお付き合いをしたいと思っているので、安易にボディタッチをする男性は、遊び目的のように感じられて避けられてしまいます。

せっかく相手にいいなと思われていたのに、ボディタッチをし過ぎたこによって2回目の婚活デートが駄目になるだなんて馬鹿らしいですよね。

ボディタッチは極力避け、仮にやるとしても、あくまでもさり気なく紳士的にやるようにしてください。

自分は婚活をしているんだという意識を常に持つようにしましょう。

マイナス発言は避けよう

「どうせ自分なんて…」

「駄目人間なんで」

「話していて退屈?」

といったことを言ったことはありませんか?自虐を言って相手の気を引きたい、不安な気持ちを解消して安心したいと思っているのかもしれませんが、相手からすると楽しくはありません。

2回目の婚活デートに限らず、マイナス発言は避けるようにしましょう。

愚痴を言うなとは言いませんが、そういったことは、交際後など、もう少し関係性が深まってからやるようにしてください。

大事なのは、相手を楽しませる気持ちです。

お互いが楽しくなるような2回目の婚活デートを心がけてくださいね!

2回目の婚活デートは早めに誘って成功させよう!

シチュエーション

2回目の婚活デートは、婚活を成功させるための大事なつなぎのデートです。

できるだけ誘うことを意識して、自然に関係が続くようにしましょう。

また、うっかりNG行為をしないことも大切です。

自分も相手も結婚を意識しているんだということを常に意識して、行動するとうまくいきますよ。

この記事に書いてある内容を参考にして、2回目の婚活デートを成功させてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です