婚活するきっかけは十人十色【パターンや事例を紹介】

花束を持つ男性
LINEで送る
Pocket

婚活するきっかけは十人十色

バインダーを抱える女性

あなたは婚活にトライすることを、迷っていませんか?

ただ漠然と「結婚したいなぁ」と思っているのと、実際にアクションを起こして婚活をするのとでは、大きな違いがあります。

他の人は何かきっかけで婚活に踏み切っているのか、実際の事例を交えながらご紹介していきましょう。

婚活を始めたきっかけ体験談

サイトを見る女性

結婚の考え方や、適齢期は人それぞれで違うとはわかっていても、やっぱり周りの人の動向は気になるものです。

実際に婚活をしている人が寄せている口コミ情報から、婚活を始めたきっかけをいくつかご紹介していきましょう。

友人の結婚式に行ったとき。

同い年の友人だったから、自分このままじゃダメだと思った。

31歳。 もう遅いかも。

来週初めてパーティー的なの行く。

孤独死したくないから。

今はぼっちで不安で寂しくて辛い。

出典:婚活を始めたきっかけ | ガールズちゃんねる – Girls Channel –

婚活中です。

婚活サイトに登録して人に会ってみたり 周りに合コンや紹介をしてもらったりって感じです。

きっかけは、年下彼氏と別れたこと。

まだ学生だったからすぐに結婚の話ができるわけないのに 彼との結婚を夢見てました~。

別れのきっかけは別のことだったけど、 今度は相手も結婚したいと思ってて現実的に考えられる人を・・・ と思って婚活始めました。

出典:komachi.yomiuri.co.jp

やはり「なんとなく」ではなく、何らかのきっかけがあって婚活に踏み切った人が多いとわかります。

しかもそのきっかけは決して特別な事件ではなく、誰にでも起こりえる、身近な些細な出来事のよう。

もしかしたら自分の身にもきっかけが訪れるかもしれないと考えて、アンテナを立てていきたいですね。

婚活を始めるきっかけパターン

私達が結婚に焦りを感じるのは、自分の年齢やライフスタイルが理想にあっていないと気がついてしまったときでしょう。

そういった婚活の必要性を感じるきっかけには、おおむねパターンがあります。

婚活を始めるきっかけになりがちなパターンを10項目ご紹介しますので、あなたが自分を見つめ直すきっかけにしてください。

①彼氏彼女と別れた時

特別に結婚を意識してお付き合いをしていたわけでなくても、恋人と別れたことをきっかけに、本気で結婚をしたいという気持ちになる人は多いです。

今まで一緒にいることが当たり前だと思っていた人がいなくなると無性に寂しくなって、家族を求めてしまうのかもしれませんね。

②一人でご飯を食べていて寂しくなった時

一人でご飯を食べていた時に、ふとそのわびしさに気がついて婚活を意識する人も多いです。

「寂しい」とか、「人恋しい」という気持ちは、人を結婚に駆り立てるもの。

普段は仲間とおいしいご飯を食べている人ほど、結婚して一緒に食事をする相手が欲しいという気持ちが強くなります。

③恋愛映画や家族ドラマを見た時

最終的に結婚に行き着く恋愛映画を見たときや、にぎやかで幸せな家族ドラマを見たというのも、婚活のきっかけにありがちなパターン。

目で見る効果は影響力が大きいので、漠然としていた結婚への憧れが急にリアルな願望に変わります。

④友達の結婚式に出席した時

実際に幸せそうな結婚式を見るのも、婚活を意識するきっかけになります。

特に年齢や育ってきた環境が似ている身近な友人の結婚式は複雑で、お祝いをする気持ちはあるものの、結婚できない自分に焦りを感じがちです。

⑤子供を作れるか心配になった時

自分の年齢を自覚したとき、子供を持てるかどうか不安になって、早めの婚活を意識する人は多いでしょう。

妊娠・出産と結婚はセットになっているため、子供を産み育てやすい年齢のうちに結婚をしなくてはと考えてしまいます。

⑥友人が婚活を始めた時

同年代の仲の良い友達が婚活を始めたことをきっかけにというのも、婚活を始めるきっかけにありがちなパターンです。

今まで自分と同じでのんびりと構えていた友達が積極的な行動を起こしたとき、急に友人から婚活に誘われときは、結婚に対する焦りや不安が強くあります。

⑦親戚や親から軽い文句を言われた時

親や親せきから「結婚はまだか」とせっつかれて、婚活を始める人も多いですね。

うるさく言われるのが嫌で、親族の集まりを避ける人もいますが、反発はあっても結婚適齢期を意識する良いきっかけになります。

⑧婚活サービスの広告を見て軽い気持ちで登録した時

軽い気持ちで婚活サイトに登録して、いろいろ話を聞いているうちに、自分から積極的に婚活に取り組むようになったという人もいます。

たくさんの人が婚活をしていること、結婚しにくいという現状を知ることは、婚活を意識させる良いきっかけになるのでしょう。

⑨会社に異性が少なく不安になった時

会社や交流する仲間の中で自分だけが独身だということに気が付いたら、やっぱりショックですよね。

まわりに独身者がいなくなれば、それだけ自然な出会いのチャンスも少なくなるわけで、積極的な婚活の必要性が身に沁みます。

 ⑩友人の子供たちの遊び相手をした時

人の心のなかには母性本能や父性本能が眠っているので、友人の子供と楽しく過ごしたことで自分も家族が欲しくなり、婚活を考え始める人も多いもの。

特に生まれたばかりの赤ちゃんは愛らしく、頼りなくて、思わず魅了されてしまいます。

婚活のきっかけを見てやる気が出てきた人にオススメのサービス

周りの人が婚活を始めたきっかけを知って、今まさに婚活を意識し始めたあなたには、次のような婚活サイトや結婚相談所がおすすめです。

婚活のきっかけと同様に、婚活の仕方にもさまざまな方法があります。

自分にとって一番取りくみやすい方法で、自分らしい婚活を始めてみませんか?

①ゼクシィ縁結び(婚活サイト)

スマホのメール登録から、初心者でも気軽に始められる婚活サイトです。

これまでの累計マッチング数はなんと約230万組で、続々記録更新中。

条件に合う人とのマッチングや、気になる人とのコンタクトもコンシェルジェ機能がサポートしてくれるので、忙しい人でも安心です。

②マッチドットコム(婚活サイト)

世界最大級といわれる婚活サイトで、世界25か国て展開しています。

身分確認がしっかりしていて、18歳以上限定の信頼の高いサイトですし、日本でも約187万人の会員が参加。

メール交換を始めてから66%の人が一か月以内に交際を開始しているので、真剣に恋愛したい人におすすめです。

③エン婚活エージェント(結婚相談所)

結婚相談所でありながら来店不要と、これからの時代にマッチした新しい結婚相談所です。

専任のコンシェルジェが、毎月6名以上の紹介をサポート。

料金体系も良心的でリーズナブルなので、婚活に不安を感じている人や、婚活先選びで悩んでいる人も一度相談してみるといいでしょう。

④ゼクシィ縁結びカウンター(結婚相談所)

専任のマッチングコーディネーター付きでも、月額9000円から婚活ができるという話題の結婚相談所です。

婚活サイトも運営しているゼクシィならではネームバリューで、真剣に婚活している会員が多く、サポートも万全。

男女とも20代からの登録が多いので、人より先に婚活を始めたい人にもおすすめです。

婚活のきっかけは人それぞれ!

婚活を始めるきっかけは人によってさまざまですが、「本気で結婚したい!」と思ったときが、婚活を始めるベストタイミングです。

今まで同じ状況になっても無関心だった人が、ある日突然婚活を思い立ってもおかしくありません。

無理をして焦る必要はありませんが、自分にとってのチャンスを見逃さずに、積極的に婚活にチャレンジしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です