婚活サイトに危険人物はいる?【種類・見分け方・対策方法など】

with
LINEで送る
Pocket

婚活サイトには危険人物が稀にいる

婚活 危険人物

婚活サイトには稀に「危険人物」が登録していることがあります。

真剣な出会いの場を求めて婚活サイトに登録したつもりでも、知り合った相手は実は既婚者だった、遊びが目的だったなどのトラブルで、貴重な婚活中の時間を浪費してしまうのは悲しいです。

こちらの記事ではそんな、婚活サイトに稀にいる「危険人物」の特徴や種類、また「危険人物」の被害に遭わないための方法をご紹介していきます。

婚活サイトで危険人物にあった人の声

実際に婚活サイトで危険人物に遭った人の口コミでは、男性の危険人物は既婚者なのに登録している人、または「ヤリモク」といわれる、身体的な関係を目的とした人がいるようです。

女性の場合は食事を奢ってもらうのだけが目当ての人もいます。

「危険人物」は本気で婚活している人より異性慣れしているため魅力的な人も多いので、注意が必要です!

婚活サイトにいる危険人物の種類

危険人物種類

それでは、婚活サイトにいる危険人物の種類をご紹介していきます。

婚活サイトの危険人物はいずれも、婚活以外の下心で登録しているのが特徴です。

①既婚者や恋人がいる人物

婚活サイトにいる危険人物の中には、既婚者や恋人がいるのに遊び目的で登録している人物がいます。

このタイプの「危険人物」は異性に慣れている上、本気で婚活している人よりも気持ちに余裕があり、相手に多くを求めないので、魅力的でモテることが多いです。

②投資勧誘などの詐欺師

婚活サイトにはごく稀に、投資勧誘などの詐欺師が登録していることもあります。

マンションの投資を勧められ契約させられる、架空の未公開株や価値の低い株を相場よりも高く売る、など悪質な手口があります。

 

③宗教やネットワークビジネスの勧誘をする人物

宗教やネットワークビジネスの勧誘目的で婚活サイトに登録している危険人物もいます。

ネットワークビジネスは、人と人とのつながりをもとに商品を流通させていくビジネスで、顧客を勧誘すると、勧誘した本人に利益がでる仕組みとなっています。

④身体的な関係を目的とする人物

身体的な関係を目的として婚活サイトに登録している「危険人物」もいます。

このタイプは主に男性で、プロフィールの条件なども女性の好む条件を満たしていることが多いのが特徴です。

高収入・好条件のモテるタイプの男性で、遊び目的の雰囲気がある場合は、十分に時間をとって相手を見極めてください。

⑤ストーカー

婚活サイトに登録する人の中にはストーカーになってしまうタイプの危険人物もいます。

このタイプの人はお付き合いの経験が少なく、1~2回会っただけで勘違いし、その後ストーカーに変身してしまうこともあります。

ストーカーの被害に遭わないためには、相手との結婚の可能性がないと感じたら、なるべく早くはっきりお断りをすることが大事です。

⑥結婚詐欺師

婚活サイトには結婚詐欺師が登録していることもあります。

結婚詐欺師は最初は自分はお金持ちだと相手に信じさせ、結婚を前提のおつきあいが始まった途端、何かと事情をつけてお金を要求してきます。

事業をしているが、資金繰りに困るようになった、これを乗り切れば結婚できる、というように、結婚をちらつかせてお金を要求してきます。

⑦ご飯を奢って欲しいだけの女性

ご飯を奢って欲しいだけの女性は本人には悪気はない場合も多いですが、本気で婚活している男性にとっては十分に「危険人物」となります。

お見合いの場合の食事代は男性に出してもらうのではなく、必ず割り勘が基本です。奢ってもらって当たり前と思っている女性は一般常識に欠ける人だと考えましょう。

 

婚活サイトにいる危険人物の見分け方

見分け方 危険人物

それでは、そんな「危険人物」の被害に遭って貴重な婚活中の時間を無駄にしないためにも、婚活サイトにいる危険人物の見分け方をご紹介していきますのでご覧ください。

①お昼のデートもOKしてくれるかどうか

婚活サイトの危険人物は、特に既婚者だったり別の恋人がいたりすると、お昼のデートにはOKしてくれません。デートがいつも夜ばかりで一日がかりの遠出をして一緒に過ごすという提案がない時には、相手を疑ってみましょう。

②メッセージを重ねた上で会おうとしているかどうか

婚活サイトの危険人物はターゲットを探すのに忙しいですから、ごくふつうの人達が行うようなメッセージのやりとりが少なく、「運命を感じた」などと言って性急に関係をすすめていこうとします。

常識的な、段階を踏んでのお付き合いかどうかを意識することも大事です。

③ボディタッチが多いかどうか

最初のデートからボディタッチしてくる人には注意が必要です。

身体的な接触が目的で婚活サイトに登録している可能性もあるからです。やたらとボディタッチをしてくるけれど、結婚を前提としたおつきあいが始まる気配がない場合、危険人物であることを疑ってみた方がよいです。

婚活サイトで危険人物の被害にあわないための対策方法

婚活 こうすれば大丈夫

婚活サイトで危険人物に騙されてしまったら、お金を盗られるだけではなく、心も傷ついてしまうでしょう。

それでは、婚活サイトで危険人物の被害に遭ってしまわないための対策方法をご紹介していきます。

①身分証明書などの提示が必要な婚活サイトを利用する

まず重要なのは、信頼できる婚活サイトを利用することです。

真剣な交際を前提とするサイトは、身分証明書などの提示を義務付けていることがほとんどです。身分証の提示を必要とするサイトで婚活をすれば、偽名を使われる、既婚者に騙される、などの被害を受ける可能性は減るはずです。

②相手に住所などの個人情報を明かさない

婚活サイトで知り合ってすぐの段階では、相手に住所などの個人情報を明かすのはやめておきましょう。

住所を知られていなければ、ストーカー被害に遭うのは避けることができます。後々親しいお付き合いに発展するまで個人情報は隠しておいても失礼には当たりません。

③お酒は飲みすぎない

婚活サイトの危険人物の被害に遭わないためには、お酒は飲みすぎないようにしましょう。

お酒を飲めば、眠くなり、理性も失われがちになりますし、酩酊状態になった時、相手がどういう人かを見極めるのは難しいです。

④異変を感じたらすぐに帰る

婚活サイトで危険人物に遭ったら、異変を感じ始めた時すぐに帰ることをおすすめします。

相手の話が宗教の勧誘や資産運用・物品販売の話ばかりだった、やたらとボディタッチをしてくる、など怪しいと感じたら、その日のデートは終わらせましょう。

⑤異性慣れしている人は少し疑う

婚活サイトに登録している人の中で、異性慣れし過ぎている人のことはある程度は疑うようにしましょう。

異性をだますことが目的の人達から見たら、婚活サイトに登録している真面目な人は、これ以上はないカモに見えてしまうのです。

あまりにも口がうまい、フェロモンが出すぎている、見た目や条件がよいにもかかわらず、なぜか婚活歴が長い、などの人は少しだけ疑ってみてください。

危険人物の少ないオススメの婚活サイト

それでは、婚活サイトで危険人物の被害を受けないためにはどうすれば良いのでしょうか。

危険人物の少ないオススメの婚活サイトを3つご紹介していきます。

①ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びは、大手リクルートが運営している婚活サイトです。年齢層は主に20代の会員が多いですが、本気で婚活している人が多いのが特長です。価値観マッチングの検索機能や、コンシェルジェのサポートもあり、手厚くサポートしてくれます。

②ユーブライド

ユーブライドはmixiのグループ会社が運営している婚活サイトです。こちらの会員の年齢層は30代以上が多いので、年齢的にも真剣に結婚を考えている人が多いです。また、本人確認も徹底されているので安心して婚活できるサイトです。

 

③マッチドットコム

マッチドットコム

マッチドットコムは世界25か国で使われている、アメリカ発祥の出会いのサイトです。

こちらに登録するには、本人確認書類による年齢確認が必要です。

また、海外の登録者が多く、外人とお付き合いしたいという人には嬉しいですね。年齢層は30代後半以降が多く、やや高めとなっています。

婚活サイトで危険人物に会ったら、運営に報告しよう

婚活 運営に連絡

婚活サイトで危険人物に会ってしまったら、運営会社に報告することをおススメします。

婚活サイトの危険人物を完全に排除するのは難しいのが現状ですが、危険人物の情報を共有することで、少しでも次の被害者を出さないようにすることはできるはずです。

婚活サイトの危険人物に注意しよう

婚活サイトでは、基本的には真剣に結婚を考えている人が登録しているので、安心して婚活することができます。

ですが、中には稀に「危険人物」も混じっています。「危険人物」の被害を受けないためには少しだけ相手を疑って冷静に判断を下すことも大切です。

もしも危険人物に出会ってしまった時には、運営会社に報告して、次の被害者を出さないよう、情報を公開していきましょう!

▼婚活現場の勧誘員を見分ける方法を詳しく知りたい方はチェック!▼

婚活の場に紛れ込むネットワークビジネスの勧誘員を見分ける方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です